独りよがりな記事 独自性

さゆこの”ウシノアユミ”

独りよがりな記事はとことん突き詰めると独自性に変わる?

読了までの目安時間:約 5分

お・おしてほしい・・→usi





 

 

独りよがりな記事ってなんだろうか?

 

独りよがりって聞くとすごくマイナスなイメージで

改善したほうがいいよね、って思ってたんですけど

 

 

改善したほうがいいと思ったところと

「とことん突き詰めたほうがいいんじゃない?」

と思ったところがあって

 

それは・・

 

こんなこと↓(-ω☆)キラリ

 

 

読む人のことを考えてない独りよがりは改善必須!

これね。

 

例えば読みにくいとか、わかりにくいとかです。

 

そもそも情報発信だから読まれなかったら意味がないわけで

そのためには読みやすいように改行いれるとか専門用語使わないだとかの

工夫をしていかないとなんですね。

 

参考記事

読みやすい文章にするために気をつける4つのポイント

読まない壁を突破しろ!ブログ記事の冒頭部分の重要性!

 

 

↑この他にも”1記事1テーマ”とか”何が言いたいのかわかるように”とか

そういう基本的な事をおろそかにして

自分の書きたいことだけをを書きたいように

 

 

ぶわー!

 

 

っと書いてある記事は要改善かなと思います。

 

 

改善しなくていい独りよがりってなんだ?

独りよがりって他の意見を聞く耳持たないっていうか

自分勝手っていうか、まあそいう感じなんですけど

 

その”独りよがり”っていうのは

独自性(個性?)と通じるものがあるというか

 

独自性も一歩間違えば独りよがりになってしまうんじゃないかと思うんですね。

 

 

だけどそこを間違えずに

ちゃんと独自性として突き詰めることができればそれは

改善の必要のないいい意味での”独りよがり”になるんじゃないでしょうか。

 

 

 

例えば大多数のひとが

「なにそれ興味なーい」

「そんな記事だれが読むの?」

 

といってそっぽ向いたとしても

ほんの一部の人が興味を示して読んでさえくれれば

それはそれでいいわけですし

 

 

それを誰かに言われるまま

独自性を独自性と捉えることが出来ずに

「独りよがりだ~!自己中だ~!」

と言って変えまくっていたらすごく平凡な記事になってしまいますよね。

 

↑自分ってもんがないのかとも思うし。

 

 

独りよがりは独自性(オリジナリティ)への入り口で、

自分が伝えたいと思うことが伝えたい相手に伝わりさえすればそれでいいわけで

その2点をちゃんと芯として持ってさえいれば一歩間違うこともないのかなと思います。

 

 

まぁ、あれですよね。

伝えたいことをちゃんと伝わるように書かれた記事は

もはや独りよがりな記事とは言わないですよね(^_^;)

 

 

まとめ

伝えたいことが伝わらなかったり、

読みにくい、わかりにくい文章の場合は要改善

 

 

自分が伝えたい事がちゃんと伝わる文章であり

それが伝えたいと思う相手に読んでもらえている場合は

どんなに独りよがりだろうとマニアックであろうと改善不要

 

 

 

そこらへんが

改善したほうがいい独りよがりと

突き詰めたほうがいい独りよがりの違いなのかなと思います^^

 

 

あ、あと独自性は一歩間違うと独りよがり(←要注意)

 

 

 

 

 

記事の書き方   コメント:14

この記事に関連する記事一覧

コメントは14件です

  1. はしこ より:

    確かに、独りよがりを気にしすぎて当たり障りなーく書くと、みんな似たり寄ったりになってしまいますもんね(/ _ ; )

    自分らしいかつ分かりやすい。。

    まだまだ上手くできないですけど、意識してやっていきたいですー^ – ^

    関連記事も一気に読ませてもらっちゃいました☆

    応援していきますっ(*´ー`*)

    • さゆこ より:

      はしこさん こんにちは!
      応援ありがとうございます^^

      ついつい当たり障りなーく書きたくなっちゃいますよね(;^ω^)
      意識しながら記事を重ねていくことで
      できるようになるんでしょうね。

  2. 秋山 より:

    こんばんは、秋山です。

    興味深く読ませて頂きました~
    独自性は一歩間違うと独りよがりって分かる気がします!

    例えばちょっとした雑談で、
    誰にも興味を持たれなければ独りよがりですが、
    興味を持って読んでもらえれば独自性に昇華するって感じでしょうか。

    応援していきます(*^-^)

    • さゆこ より:

      秋山さん こんばんは!

      >誰にも興味を持たれなければ独りよがりですが、
      興味を持って読んでもらえれば独自性に昇華するって感じでしょうか。

      そうそう!そうなんですよ~!
      わかってもらえて嬉しいです(*´ω`*)

      独自性に昇華するまで自分を貫き通せる人も
      スゴイなと思いますね。

      応援ありがとうございました!
      またいらしてくださいね^^

  3. 瑞穂 より:

    さゆこさん、こんばんは。瑞穂です。

    確かに、言いたいことがはっきりわかる記事は
    個性的なことを書いているのが面白い!と思えますね(^^)

    関連記事もあわせて参考にしつつ
    伝えたいことがきちんと伝わる文章を意識して
    記事を書いていくのを優先しよう、と感じました。

    基本をきちんとしたうえで個性を出していけば
    読みやすく・面白いという最強のブログができますね。

    応援していきますね♪

    • さゆこ より:

      瑞穂さん こんばんは!

      意識して記事を重ねることで文章は上達しますし
      だんだん自分を出せるようになるんではないかと思います^^

      応援ありがとうございました!
      また遊びに来てくださいね^^

  4. いずてん より:

    こんにちは!
    誰の為の情報発信か?ですね。
    もともとは、自分の知っていることで、他の方のお役に立ちたいがスタートのはず。
    その基本に立ち返り、読み手の気持ちでやらないといけませんね。
    その意識を忘れず、頑張っていきます。

    • さゆこ より:

      いずてんさん こんにちは!

      読む側を意識して書いたものは
      どんなにニーズが少なかろうとそれは役立つ情報であるといえますよね。

      一生懸命書くほど忘れてしまう場合もあるので
      わたしも気をつけないとです(^_^;)

  5. タクヤ より:

    さゆこさん、こんばんは。

    タクヤです。

    独りよがりが独自性につながるなんて視点、
    はじめて読みました(^^)
    面白いです!

    でも言われてみればそうですよね。
    万人に向けて書いてしまえば、
    独自性は皆無なわけですし。

    一部の人に向けて書けば、
    万人に受けない独りよがりな記事
    ともいえますよね。

    独りよがりと独自性はお仲間なんですね。

    ランキング応援していきますね!

    • さゆこ より:

      タクヤさん こんばんは!

      最初は
      「独りよがりな記事は良くないよ」
      みたいな記事にしようと思ってたんですけど
      ”独りよがり”について考えていたら
      だんだん考えがかわって来てしまいました(^_^;)

      応援ありがとうございます^^

  6. 小夏 より:

    さゆこさん、
    こんにちはー小夏です。

    この記事ヤバーぃ
    私。

    独自性か自己中か
    考えさせられました。

    次回から
    自分の記事を書くときに
    意識して書いてみます。

    マジヤバイわ!

    この記事の書かれていることは、
    しばらくは忘れる事はないでしょう。

    応援OKです。
    では、また。

    • さゆこ より:

      小夏さん こんにちは

      >この記事の書かれていることは、
      しばらくは忘れる事はないでしょう。

      ↑ウケるww

  7. 涼すけ より:

    さゆこさん
    はじめまして。

    涼すけと申します。
    とても興味深い記事で思わずコメントしてしまいました。
    なんだかドキッと冷や汗が出る感じとでも言いましょうか…。
    独りよがりにならないように気をつけますっ!

    またお邪魔しますね!

    ちなみにウチも猫2匹です。笑

    • さゆこ より:

      涼すけさん はじめまして!

      独りよがりは考え方しだいかなと思います。
      というかもしかしたらこの記事も独りよがりな記事なのかも知れませんね(^_^;)

      涼すけさんとは猫仲間?ww

      また遊びにきてくださいね!

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る