アフィリエイト 進め方

さゆこの”ウシノアユミ”

【アフィリエイトを始めたら】その後の進め方は?

読了までの目安時間:約 7分

 

 

アフィリエイトを始めるとき

 

ブログをつくって
ASPに登録して
取り組むジャンルも決めて

 

・・って、してきたと思うんですけど

その後はとりあえず記事を書いてアフィリエイトしていきます。

 

だけどリンクを貼る最適な場所とかアクセスの集め方とかがわからなかったり

「そういえば文章なんてろくに書いたこともなかったっけ…。」

 

なんて思ったりで、どうすればいいのかわからないことだらけ。

 

そういうときは

  • ネットで検索して調べたり書籍を読んだりして自力でどうにかする
  • 教材を購入してサポートしてもらいながら進めていく

 

この2択になります。

 

 

ネットや書籍で自力で学ぶ場合

書籍で学ぶならこの本が超おすすめです。

 

 

 

初心者向けのアフィリエイトの本は、アフィリエイトの始め方やブログ立ち上げ初期の事がメインで書いてあることがおおく、始めた後どうやって稼いでいくのかがあまり書かれていないように感じます。

 

アフィリエイトの始め方、ブログの立ち上げなどはぶっちゃけネット上にゴロゴロしています。本来なら始め方よりもお金の稼ぎ方やアクセスの伸ばし方など、「その後」のことのほうが重要です。

 

この本はアフィリエイトで稼いでいくための過程が初心者向けに書いてありますし、アフィリエイトにおいて一番大事なPVの上げ方や稼ぎ方のページがとても参考になります。

 

 

 

あとはライティングの本やマーケティングの本などが必要かなと思います。

 

特にライティングは早い段階で学んでおくのがいいと感じます。自己流で文章を書いていても読みにくい・わかりづらいなどの欠点が自分で気づきにくいため、その状態で記事を書き続ける事になります。

 

読みにくい・わかりづらい文章のままでは読者に伝わりにくいですし、勿体無いですよね。あとから直そうと思っても書きかたの癖がついてからでは直しにくくもあります。

 

 

わかりやすい文章の書きかたとは少し違いますが沈黙のWebライティングはかなりオススメの一冊です。

 

 

 

まだアフィリエイト始めたばっかりだと、もしかしたら少し難しく感じてしまうかも知れませんが、ブログやサイトを作る上で重要な、成果のあがるテクニックやコツを網羅しています。

 

マンガ形式なので一気に読めちゃいます。

 

 

こういった本を活用しつつ、足りない情報なんかはネットで検索して調べたりして実践していったりします。ネット上にはいろんな情報が溢れすぎていて迷ってしまうので検索のみでの情報収集はおすすめはしません。

 

もしネット検索でやってみたい場合はいろんなブログの情報をミックスするんじゃなくて

誰か一人のアフィリエイターさんを目標にしてブログの作り方や、やり方・考え方を徹底的に真似するのがおすすめです。

(パクれって言ってるんじゃないですよ。念のため。)

 

 

教材を購入してやっていく場合

 

わたし自身が教材を購入してやっている人なので余計にそう感じるのかも知れませんが、教材はあったほうが迷わないし時間も節約できます。

 

もちろん最初に「買う」という金銭的なリスクはありますが

それでも迷って調べて費やす時間が少しでも軽減できたらその分ほかのことに時間を使うことが出来ます。

 

 

初心者向けの教材にはアフィリエイトを始めるために必要なことがすべて詳細に書かれていますし、アフィリエイトで稼いでいくための思考や、その教材を作った人が実際に実践してきたテクニックが詰まっています。

 

 

書籍だけではわからない部分、例えば自分のブログから報酬が発生していく仕組みや、そのためにはどういう仕掛けをしていくかなど、稼ぐための具体的な方法が書かれていますし、何より定期的なバージョンアップのため情報が古くなりません。

 

書籍と決定的に違う点はサポートがあるということ。教材のフォーラム、購入したアフィリエイター、場合によっては販売者に直接聞くこともできます。

 

先輩に気軽に質問できる環境を得られるのが教材購入の一番のメリットであると感じています。

 

まとめると

書籍やネット検索で自力でやる場合はかかるお金は少なくて済むけど方法を調べたりする手間と時間がかかる。

教材買ってやる場合はお金がかかるけど迷わず最短コースをすすんでいける。

 

どちらもそれぞれにメリットとデメリットがありどちらの方法が結果が出やすいかはあなた次第です。こればっかりは個々によるので。

 

どちらにしても始めたばかりですぐに結果がでるわけではないので地道に作業していくしかありません。

最初は書籍から入って、必要だと思うなら後から教材を買ってもいいわけですし。

 

どちらにしてもやるべきことは

自分の頭で考えそして記事を書く

 

これだけです。

【参考記事】

教材購入をすすめる理由は?

教材選びで失敗しないためには?

騙されたくないと思うほど騙されてしまう教材購入時の心理



 

タグ :  

アフィリエイトをこれから始める初心者さんへ   コメント:10

この記事に関連する記事一覧

コメントは10件です

  1. ちくわ より:

    こんばんは。

    時間を取るか、お金をとるか。。。

    お金かけてきちんと教わったほうが結局早いし、
    教わったノウハウでかけたお金を回収すれば良いですものね(^^)

    初心者さんには、そんな視点で考えてみてもらうのもいいですね。

    • さゆこ より:

      ちくわさん、こんばんは!

      そうなんですよね。
      時間をかけて調べたりするなら
      教材を買って情報を手に入れたほうが
      はやいですよね^ ^

  2. さゆこさん

    こんにちは、きりとです。

    軸となる教材は本当に必要ですね。

    正しい方法を記した教材があれば
    結果もすぐに出しやすいですからね。

    でも、基本的にサポートあるのか無いのか?

    初めの頃って、軸教材を手にしても
    サポートの有無が一番気になっていました。

    応援していきますね。

    • さゆこ より:

      きりとさん、こんにちは!

      調べても知りたいことにたどり着けなかったり
      調べたけど理解できなかったり・・
      そんな時サポートがあると安心ですよね^^

      何度かお世話になって
      ホントにありがたいと思いましたね~。

      応援ありがとうございます^^

  3. タクヤ より:

    さゆこさん、こんばんは。

    僕も教材を買っているので、
    教材を持っている人間の視点で
    書いてしまいます。

    本は1冊数千円で安いのですけど、
    本で得られる情報というのは、
    上辺だけの知識だと感じます。

    実際に行動するときには、
    やっぱり教材があったほうが
    いいですよね。

    それにアンリミは初心者の方にとって
    本当にいい教材だと思います。

    僕はアンリミだけで成果を出せましたし。

    長々と書いてしまいすいません。

    ランキング応援していきますね。

    タクヤ

    • さゆこ より:

      タクヤさん、こんばんは!
      >>本で得られる情報というのは、
      上辺だけの知識だと感じます。

      わたしもそう思います。
      アフィリエイトの本には
      アフィリエイトに関する情報しか
      書かれていない場合が多くて

      ほかにもたくさん
      必要な情報やスキルはあるのに
      そのことについてはあんまり・・な感じですよね。

      応援ありがとうございます^^

  4. アラタ より:

    さゆこさん

    こんにちは、アラタです^^

    書籍も軸教材も大事ですね♪

    私の場合書籍は斎藤一人とか、やる気が出る系が多いですが、本で読んだ事って結構集中して頭に入っているので効果高いと思います。

    軸教材も私の場合は銀河鉄道プロジェクトでしたが、やっぱりこれのおかげで稼げるようになりましたし、重要です^^

    早く稼ぐにはやっぱり投資は大事って事ですね^^

    教材買って最短コースというのがやっぱりね^^

    • さゆこ より:

      アラタさん、こんにちは!

      軸になる教材がないと
      情報迷子になりますよね。

      軸教材あっても迷子になるときはあるんですけど
      それでも教材読むと戻ってこれたりしますしね^^

  5. QooAIBO より:

    こんばんは。

    お金と時間、どっちをとるか?
    初心者には悩みどころですね。

    しかし、時間を短縮できればそれだけ早く報酬を得ることが出来るのですから、
    時間を買うべきですよね。

    • さゆこ より:

      QooAIBOさん こんばんは!

      時間は24時間しかないので
      情報を集めるのに何時間もかかるんであれば
      情報が揃っている教材を買ったほうが
      その時間を作業に当てることが出来るので
      効率はいいですよね。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る