情報商材 初心者 アフィリエイト ノウハウ 

さゆこの”ウシノアユミ”

ライティングに求めるものは?売りたいなら誰にどう伝えるかを考える。

読了までの目安時間:約 6分

 

ブログを始めた頃は、文章などまるで書いたことがなかったせいか、どうやって書いたらいいのかわからずにライティングを勉強することに必死で、もうこれさえ習得すればすべてOKみたいに思っていました。

 

でもライティングと言ったって伝え方や書き方は一つじゃないし、正直にすべてを伝えてもそれが正解とは限らず、、だから「こういう風に書けばOK」ってもんでもない。大事なのは相手の状態・知識の量によって書き方や伝え方を変えること(→相手のことを考えること)です。

 

それを意識するだけでグッと読まれるようになったりするので、つまりはそこが売るためやファンになってもらうために必要なライティングの基本。・・・とか言い切ってますけど、すべては私の「たぶんそうなんじゃないの?」という憶測ですのであしからず(笑)

 

 

ライティングに求めるもの

ライティングってそもそも「書き方」なのか「伝え方」なのか?・・っていうあたりで、以前はライティングは「書き方」で「伝え方」はそれぞれの想いや意図、戦略的なものに入るのかなと思ってたんですが、最近は「そんなもん別に分けんでもいいだろう」・・と、ザックリした感じになっています(←どうでもいいやつw)

 

 

ライティング教材などで学べる書き方は、文章の読みやすさ、わかり易さ、見やすさ、書く手順、成約に導く基本的な型、あとは書く時の思考(心構え)だったりします。他にもあるかも知れませんし教材によって違ったりもしますが、あんまり細かいことは言いっこなしです(笑)

 

 

で、みんなライティングを学ぶ理由って、記事を読まれたいからですよね?もっとぶっちゃけていうと稼ぎたいから。

 

稼ぐためには文章テクニックとかじゃなく、誰に向けて書くかが一番大事です。

 

例えばレビューを書くんだったら欲しい商品が決まっている人と、「何かいいものがあれば・・」くらいに思っている人では書き方が全然ちがいます。その商品が欲しいと思っていたらそこまで詳細な説明はいらないと思うし、知らなければどうしてその商品がいいのかを納得してもらう必要があって、この状態の違いによって記事を書き分けることで成約率に差が出ます。

 

 

 

伝え方いろいろ

 

成約させるために書く記事と、ファンになってもらうための記事でも書き方は違います。特に自分のカラーが色濃くでるようなブログではファンになってもらったほうが最後まで読んでもらえます。

 

自分のカラー(個性)は、言い回しや言葉使いではなく、自分の考え方や軸のことです。どういう考えで、どういうスタンスで情報を発信していくのかがとても重要だし、それがブレなければ一定数のファンがつきます。

 

 

伝え方や情報の出し方も、その時々で相手の知りたい順に書いていくのか、自分の伝えたい順に書いていくのか、それとも戦略的に書いていくのかで変わってきます。どんな書き方でも最初に結論を決めた上で、どんな切り口から入ってどういう流れで結論に持っていくのか?・・という相手を想定した流れで書いていくということが、すご~く大事。さらにその中で相手が買わない理由をすべて潰していくと、もはや買うしかなくなります。

 

 

あと、情報をどこまで出すかも大事。良かれと思ってあれもこれもと詳細に書きすぎると、場合によっては逆に伝わりにくくなります。その事柄に関して詳しくないと、詳細すぎる情報が邪魔で逆に分からない・・っていう事が・・(←体験談w)

 

ターゲットによっては詳細に書いたほうがいい場合と、すごくシンプルに書いたほうがいい場合とがあるんです。

 

 

 

まとめ

 

レビュー記事を書くためには、読者によって記事を書き分ける必要があり、それはどんな方法でもいいから解決方法を探しているのか、すでに決まった方法または商品で解決しようとしているのかなどで違います。

 

ファンになってもらいたいなら自分を知ってもらう必要があるし、「この人の説明が一番解りやすい」とか「おもしろい」と読み手におもってもらわなけらばなりません。

 

 

 

相手がどんな人で、どんな情報を探しているのかをよく考えたり、情報の羅列ではなくて、文章として流れを意識して書くことが最後まで読んでもらえることに繋がります。

 

「成約させる」というとすごくテクニックに走った言い方に聞こえますが、相手の迷いや不安を一つ一つ解消して納得してもらえたら自然とそうなるもので、それはやっぱり相手のことを考え、親身になって一緒に解決策を考えることで上手くいくものだと思っています。

 

 

 



 

タグ : 

記事の書き方   コメント:8

この記事に関連する記事一覧

コメントは8件です

  1. 島本亜紀 より:

    初めまして
    ランキングから来ました。
    相手のことを考えるが大前提ですね。
    勉強になりました。
    また遊びに来ましね。

    • さゆこ より:

      島本さん はじめまして^^

      相手が何を知りたいかを考えすぎて
      妄想に発展してしまう時もあります(笑)

  2. 河原みれ より:

    こんにちは
    ただ書けばいいってもんじゃないですよね。
    ターゲットに合わせて書かないと…
    記事をたくさん読んで勉強します!

    • さゆこ より:

      河原さん こんにちは!

      そうそう。
      「ターゲットにロックオン!」しないとw
      メンタリストになったつもりで想像するとノリノリでできますよ(笑)

  3. NABY より:

    こんばんは。

    読者の心をつかむ文章、が書けるようにならないといけないとは思うのですが、
    どうしても独りよがりになってしまったり、なかなか客観的に人を引き込める記事
    というのはむずかしい、、、
    ぽちっとしていきます。

    • さゆこ より:

      NABYさん こんばんは

      読者の心をつかむ文章って難しいですよね。

      独りよがりなつもりはなくても
      後で読み返してみるとそうなっていたりすることもありますし
      ひたすら書いて習得するしかないのかなと思います。

  4. まるい より:

    こんにちは。
    誰に読んでもらいたいか。
    気を付けて書いているつもりでも、
    なかなかうまく書けなかったりするので
    コレばっかりは勉強というか、練習というか
    書き続けていくしかないですね。
    私は「読みやすい」記事が一番好きです。
    さゆこさんの記事も読みやすくて勉強になりました。

    • さゆこ より:

      まるいさん こんにちは!

      そうなんですよね~。。
      修行僧のごとく日々精進・・みたいな(笑)

      でも積み重ねていけば自分の力になるので
      お互い頑張っていきましょうね~(*^^*)

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る