WordPressでブログ!→始める

WordPressプラグイン12選!現在リアルに使用中です。

ここで紹介しているプラグインは実際にさゆこが使っているものになります。

「こんなプラグインもあるんだ~」

くらいな感じで読んでいただけるとありがたいです。

Akismet Anti-Spam(スパムコメントを振り分け)


自動でスパムコメントを振り分けてくれる超便利プラグインです。

スパムコメントは自分でゴミ箱に移動させるのが面倒くさいので、Akismet Anti-Spamは最初から有効にしておくのがいいです。

API KEYというのを取得して使うのですが、一度取得すれば複数のブログに使い回すことができます。(本当は全部違うAPI KEYのほうがいいのだけど)

ただ自動で振り分けしてくれるといっても完璧ではないので、たまにスパムコメントが通常のコメントのほうに入っていたり、普通のコメントがスパムに分類されているときもあります。

Updraft Plus-Backup/Restor(バックアップと復元)

バックアップのプラグインです。

以前はBack WP upというのを使ってたんですが、バックアップの復元が少々面倒なのでワンクリックで復元可能なこのUpdraft Plus-Backupに変更しました。

Better Delete Revision(リビジョンを消す)

Better Delete Revisionはリビジョンを削除するプラグインです。

リビジョンというのは書いている記事を自動的に下書き保存して、なにかあったときにそこから記事を復元できる機能のことです。

すごくありがたい機能ですが、上書きして保存するわけではなくひとつひとつ別々に保存されるので、プレビュー見る回数が多いとおびただしくリビジョンがたまってしまいます。

おびただしくたまったリビジョンはサーバーのデータベースを圧迫してブログの表示速度などに影響する可能性もあるので、Better Delete Revisionでせっせと削除しています。

Contact Form7(問い合わせを作る)

ショートコードをペタッと貼り付けるだけでお問い合わせフォームがめっさ簡単につくれます。

【追記】

問い合わせフォームはフォームメーラーで作っているので現在は使っていません。

【さらに追記】

フォームメーラーで問い合わせフォームを作ったら文字化けしてしまい、しかも広告が大々的に入ってしまったのでまたContact Foem7に戻しました。

カスタマイズして使うとちょっとかわいくなります。

さゆこの問い合わせフォーム

Tiny MCE Advanced(ビジュアルエディタ入れ替え)

ビジュアルエディタの編集ボタンをドラッグ&ドロップで入れ替えることが出来るプラグインです。

ワードプレスのデフォルトだとシンプルすぎて使いたい機能が足りなかったのでTiny MCE Advancedを入れました。

使うやつと使わないやつを自由に入れ替えしてオリジナルのエディターにするとストレスフリーで記事書けます(笑)

WP Multibyte Patchs(文字化けを防ぐ)

WP Multibyte Patchsは、ワードプレスに初めから入っているプラグインでマルチバイト文字に最適化してくれます。

“マルチバイト文字に最適化” ってなんじゃらほい?って感じですよね。

これはアルファベットで書くよりも日本語で書いたほうが容量が多く必要で、そのせいで文字化けするかも知れないのでそれを防いであげますよ。ってことらしいです。

All in One SEO Pack(SEOに関するいろんな設定)

いろいろな設定ができる便利なプラグインです。

わたしは主にTwitterカード(リンクと一緒に画像を表示させるやつ)の設定と、アナリティクスのコードの設置に使っています。

Table of Contents Plus(目次の自動生成)

自動で目次を生成してくれるプラグインです。

設定で見出しを(h3までとか、h4までとか)どこまで表示させるか選べます。

使っているテンプレートによって目次機能がついてるものもあるので、確認してから入れるといいです。

EWWW Image Optimizer(画像の圧縮)

ワードプレス内の画像を自動で圧縮してくれるプラグインです。

ブログで使用している画像が多くなって表示速度が遅くなってきたので入れました。

最初のうちは一つ一つ手動で圧縮してからワードプレスにアップロードしてたんですけど、死ぬほど面倒くさかったのでプラグインに頼ることにしました。

時間と手間が省けてめっさ楽です。

AddQuiktag(コードをエディターから呼び出せる)

HTMLタグの入力をラクにしてくれるプラグインです。

頻繁に使うタグを予め入力しておくことでビジュアル画面からでもワンクリックで操作できます。

わたしは主にテンプレートのショートコードや、アドセンスの広告タグなどに使ってます。

AddQuickTagで面倒なHTMLタグの入力を効率化!

Classic Editor(ワードプレス5.0以前のエディターに戻せる)

ワードプレスを5.1.1に更新してエディターが変わったときにAdd Quick Tagが使えなくなってしまったために入れたプラグインです。

以前のビジュアルエディターに戻してくれます。

Permalink Redirect(リダイレクト)

ブログ内の記事をリダイレクトするためのプラグインです。

リダイレクトは直接サーバーの.htaccess(ドット エイチティーアクセス)に書き込んだりしなければならず、間違えれば404 Not Found・・となってしまうためドッキドキの作業になります。

まぁドキドキするだけで、数記事程度なら手動でリダイレクト書き込んでも全然問題ありません。

でも一度に大量の記事を手動で書き込んでリダイレクト処理すると、リダイレクトが反映されないのでPermalink Redirectなどのプラグインを使ったほうがいいです。

 

関連記事プラグインでブログが重くなる?

4 COMMENTS

りょう

こんにちは。

■Better Delete Revision
■Tiny MCE Advanced

この2つ入れてみたいと思いました。
ワードプレスってリビジョン管理されてるんですね。
私も更新ボタンちょくちょく押しているので
きっといっぱい貯まっているように思いました。

よい情報ありがとうございました。
応援して帰ります。

さゆこ

りょうさん
コメントありがとうございます!

少しでもお役に立てて良かったです^^
わたしは日曜の深夜にバックアップを設定しているので
翌日月曜にリビジョン消してます。

りょうさんの応援完了です♪

ひば

Tiny MCE Advanced早速導入しました。
早くて便利ですね!

これから、アフィリエイトを始めます。
ありがとうございました。

さゆこ

ひばさん、こんにちは!

お!Tiny MCE Advanced
導入されたんですね!
便利ですよね~^^

アフィリエイト始めるんですね!
頑張ってください。応援してます!

現在コメントは受け付けておりません。